市場調査によって発生するデメリット

市場調査(MarketingResearch)は、ビジネスにおいて重要な予測と検証を行うツールです。商品販売の事前準備としては、顧客のニーズや市場動向を把握し販売予測を立てる必要があります。商品を実際に販売した後では評判を調査したり顧客の不満を洗い出し検証をすることで、改良や更なる開発に繋げることが出来ます。市場調査を適切に行うことでもたらされるメリットは大きいものがありますが、目的意識を明確にしていない場合や調査機関の連携不足などで費用がかさみ、十分な結果を出せないケースが見られます。調査が完了しないまま資金が尽きてしまうこともあります。また調査結果を適切に分析・活用していない場合ではせっかくの市場調査が無駄になってしまう場合も少なくありません。

費用対効果を見極めることの重要性

市場での調査を実施する方法には様々な方法がありますが、何のために調査をするかという目的意識を明確にすることで、どんな調査が適しているのかを選ぶことが可能になります。すぐに思いつくのはアンケートで比較的安価で行えますが、回答者が正しく回答するか質問に誘導されていないかなどの問題があり、アンケートの設問によっては正しい結果が得られないという危険もあります。一対一、一対nなどの聞き取り調査では信頼性が上がりますがコストがかかります。最近ではWebカメラなどを利用して手軽に調査する方法も用いられています。郵送や電話による調査では時間がかかることが多く、タイムリーな結果を得られなかったり、必ず回答が得られるとも限らないため手間の割に必要なデータが集まらない場合もあります。目的と経費を考慮して最も効果的な方法をとることが重要です。

調査結果の正しい分析と活用が必須

折角時間と手間をかけて調査を行っても正しく分析しなければ意味がありません。社内の人間が調査に当たるようなケースでは、都合のいいデータにのみ着目して分析を進め報告書を作成するというケースも見受けられます。客観的な視点で分析が行われるのが望ましいのですが情報漏れでダメージを受けることの無いよう信頼できる調査会社を利用することも必要です。調査したデータは将来に活用されなければ無駄になってしまいます。評価されている部分や不満点を洗い出し、その後の商品開発や改良点、サービスの向上などに繋げていく人が大切です。調査結果が好ましくない場合は放置されてしまうこともあります。どんな結果であれキチンと受け入れ前向きに対処していくことがビジネスの成長に繋がるポイントと言えるでしょう。