市場調査でどのような事が分かるのか

現在の日本では、経済的な不安を抱える人々がとても多く存在します。安部政権になって以降、アベノミクスによる景気回復を期待する中で、一部の人々はその恩恵を感じていることもありますが、一般の国民のほとんどが、その恩恵を感じていないことが現状です。そんな中でも、自ら起業をして会社を経営しようという人も、少しずつですが増えています。その要因は、国や自治体などが主体となって、起業の機会を増やすための補助金などの施策を行っているからです。起業をしようと考えたときには、さまざまな資源を掘り起こして、形を作っていかなくてはなりません。経営をしっかりと継続し、利益を上げて、雇用の機会を増やしていくことが可能かどうか、そのための準備はとても重要なこととなるのです。

起業の準備で重要な市場調査とは

起業の準備では、たくさんの重要な要素があります。まず、起業を考えている本人が、本当に経営に対して情熱を持てるかどうかです。そして、経営資源はしっかりと準備できるか、判断していかなければなりません。経営資源には、資金力、人材力、経営能力、環境、人脈などがあります。これらがどこまで自前で用意することができるか、足りないものは補うことができるかを考えます。さらに、市場に投入しようとしているサービスや商品が、消費者に受け入れられて利用してもらえるかを判断しなければなりません。そのために必要なことが、市場調査です。調査をすることで、さまざまなことが分かってきます。他にも似たような展開をしている企業があった場合は、競合して行くことになります。その際に、敵対する企業があったとしても、消費者に選んでもらえる強みがあるかが、ポイントになります。

市場調査結果を受けて見直していくことが重要

競合他社が多くいる市場で生き残る見込みがない場合は、撤退するか、勝てる要素を身に付けていくか、サービスや商品を工夫して差別化を図るなどの判断をします。また、同じ商品でも、利用してもらうターゲットをずらして、それにあった商品に変えるということも考えられます。それ以外にも、潜在的な購買者の可能性がないと分かった場合は、方向性を一から見直す必要もあるでしょう。いくら自分が素晴らしいと思っているサービスや商品でも、誰も利用しないのであれば、経営は上手くいきません。はじめから躓くような気持ちになってしまうかもしれませんが、撤退する勇気も、経営者には必要なことです。それができなければ、自分だけではなく、家族や従業員、関わった人たちすべてに迷惑をかけることにもなるのです。このように、市場の調査はその後の運命を左右する、大切な要素となります。主観ではなく、俯瞰して冷静に分析をして判断していくことが、経営者として大事な能力となります。