メリットが得られる市場調査

企業が新しいサービスを展開しようとしたときに、ただ自分たちがやりたいと思うことをやるのではなく、そのサービスが本当に必要であるかを良く確認することが重要になります。必要とされていないサービスを展開しても、利用する人は少なくなり、利益につなげることができません。どんなに良い商品やサービスであっても、利用する人がいなければ、それを作っても、サービスを提供しても、意味がないのです。それだけではなく、新しく誕生させた物やサービスも浮かばれないですし、利益が上がらなければその物を作り続けることも、サービスを提供し続けることもできません。また、従業員の給料も支払うことができなくなれば、誰も幸せにはならないのです。つまり、新しい物やサービスを展開するときには、みんなが幸せになれるかを調査して知る必要があるのです。

市場調査で必要性を把握することが重要

では、新しく生み出したいと考えている物やサービスが、多くの人に必要とされ、みんなを幸せにできるかどうかを、どのようにして知ることができるのでしょうか。それは、市場調査をすることです。ビジネス用語では、マーケティングと呼ばれています。調査をするときには、自分たちの身のまわりの小さな範囲で調査しても、あまり意味がありません。狭い範囲だと、その地域の特性などが強く影響するため、傾向に偏りが出てしまうことが多いのです。そのため、より大きな範囲で調査できることが理想です。しかし、分野や希少性などがある場合は、なかなか調査することが難しくなります。そのような場合は、市場調査を専門とするマーケティング会社に依頼するという手段もあります。マーケティング会社を利用する際には、その分野の調査が得意かどうかも良く調べて依頼することが大切です。

調査の結果以外にも必要なことがある

マーケティングをするときに、良く利用される県があります。それは、静岡県です。なぜ静岡県が良く利用されるかと言えば、西部と中部、東部でそれぞれ違う特性があることから、一度でさまざまな結果を得られるからです。西部は関西の文化が、東部は関東の文化が、そして中部はその中間の文化が根付いているのです。そのことから、さまざまな文化的背景による傾向が分かるというメリットがあります。また、調査によって得た情報以外にも、大切なことがあります。それは、自分たちの強みや弱みをしっかりと分析して、調査結果から導き出し、修正したサービスや物を生み出す技術や知識があるかです。そして、それを高いレベルで提供し続けられる資源があるかも重要な要因になります。このように、大切な調査結果と共に、自分たちの資源も考えて展開していくことが、成功の大事な要因となるのです。