市場調査とは実際にどのような事を言うのか

今の日本社会は、経済が停滞していると言われています。実際に現在では、大手企業も倒産することがあり、どこの企業に就職しても、倒産やリストラなどのリスクがある状態です。そのような現状であることから、将来に不安を感じ、一般の消費者たちは、お金をなるべく遣わずに生活をして、貯金することを心がけているのです。そのことから、お金回りが滞り、経済の低迷に拍車をかける事態となっているのです。このような状況から脱出するために、政府もさまざまな施策を考えています。その一つが、起業家を増やすことです。そのため、補助金などの制度を設けて、起業の後押しを試みています。実際に起業を目指す人も増えていますが、起業をするときにはさまざまな注意するべきことがあり、慎重にならなくてはなりません。

市場調査を綿密に行うことが大切

起業をしたいと思っても、起業をするためにはさまざまな資源が必要になります。最初に大切になるのは、経営者として会社を運営していく覚悟です。覚悟が中途半端だと、少しの問題があっただけでも、諦めてしまいがちです。そして、お金や人脈など、さまざまな資源が利用できる状態ではないと、上手く経営をしていくことはできずに、いつまでたっても不安定な状態となってしまいます。お金に関しては、補助金などで創業資金に充てることができても、その後の運転資金がなければ、継続できません。さらに大事なのは、市場に出して勝負をするサービスや商品の魅力です。魅力は、会社や経営者が感じるだけではなく、実際の消費者や提供したい企業が感じていなければ、利用されることが少なく、利益を獲得することができません。そのために必要なのが、市場調査です。

市場調査の結果を分析して深く考える

調査をして、さまざまな調査結果が分かったならば、それをもとに分析して、深く考えることが重要となります。分析結果から、利用者の見込みが分かるため、そのまま提供して良いか、さらにブラッシュアップが必要か、判断することができます。最初に形にしたサービスや商品は、主観的なものです。だからこそ、調査の結果を反映して、ブラッシュアップする必要があるのです。もしも分析結果から考えて、勝負できないと思ったら、その商品やサービスを諦めることも悪くはありません。振り出しに戻ってしまうかもしれませんが、負債を大きくするよりは、もう一度一から考え直した方が良いこともあります。このように調査をする意味は、本当に市場に出しても良い状態であるか、予測を立てることにあります。また、その結果から新しい戦略が見えてくることもあります。

各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 中国、、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ベトナム、韓国、台湾などの海外調査も行っております。 グローバル市場においてBtoB領域の豊富な調査実績があります。 BtoBのヒアリング調査を得意とし、定量調査では入手できない現場の[生の声」を収集できます。 市場調査で分かることは会社へプラスに!